アルミ電解コンデンサ(表面実装形)

はじめに注意事項を必ずお読みください
拡大
小形で電子機器の電源に最適で,業界トップクラスの高耐熱・長寿命・低インピーダンス・高リプルを品揃え
一般電子機器から車載電装用途にも適用し,更に耐振動構造品(ø8以上)も対応可能
RoHS指令(2011/65/EU)・Pbフリーはんだ付けに対応済み

新着情報

回路設計に役立つ情報を配信中

PANASONIC DEVICE NEWS

構 造・形状寸法

【表面実装形 ( V形 ) アルミ電解コンデンサ】

  • 構造
  • アルミ電解コンデンサ(表面実装形)構造

耐振構造もラインアップ

  • 一般品
  • アルミ電解コンデンサ(表面実装形)形状寸法
  • 耐振動品 (øD ≧8mm)
  • アルミ電解コンデンサ(表面実装形)耐振構造

単位:mm

小形 サイズ記号
B C D D8 E F G
Sign D 4.0 5.0 6.3 6.3 8.0 8.0 10.0



D 4.0 5.0 6.3 6.3 8.0 8.0 10.0
L 一般品 5.4 / 5.8 5.4 / 5.8 5.4 / 5.8 7.7 6.2 10.2 10.2
耐振動品 - - - - 6.5 10.5 10.5
A,B 4.3 5.3 6.6 6.6 8.3 8.3 10.3
H 5.5 max 6.5 max 7.8 max 7.8 max 9.5 max 10.0 max 12.0 max
中形 / 大形 サイズ記号
G13 G17 H13 H16 J16 J21 K16 K21



D 10.0 10.0 12.5 12.5 16.0 16.0 18.0 18.0
L 一般品 13.5 16.5 13.5 16.5 16.5 21.5 16.5 21.5
耐振動品 - - 13.8 - 16.8 - 16.8 -
A,B 10.3 10.3 13.5 13.5 17.0 17.0 19.0 19.0
H 12.0 max 12.0 max 15.0 max 15.0 max 19.0 max 19.0 max 21.0 max 21.0 max

↑ページトップへ戻る

寿命の考え方 ( 期待寿命 )

アルミ電解コンデンサは有限寿命品です。 これは、電解液が温度により気化して封口ゴムから徐々に透過していくため、時間とともに容量が低下、 ESRが上昇し、最終的にはオープン状態(電解液のドライアップ)になります。

電解液は封口ゴムを徐々に透過image静電容量変化率グラフimage

アルミ電解コンデンサの寿命予測には一般的に「10°C2倍則」が適用できます。

アルミ電解コンデンサ(表面実装形)寿命の考え方
項目
L 推定寿命時間 at T°C [h]
L0 最高保証温度での保証寿命値 [h]
T0 最高保証温度 [°C]
T 実使用での周囲温度+定格リプル電流設定時
の自己発熱 [°C]

■ ディレーティング寿命時間簡易換算表(参考)

アルミ電解コンデンサ(表面実装形)ディレーティング寿命時間簡易換算表

関連記事

↑ページトップへ戻る