導電性高分子アルミ固体電解コンデンサ(OS-CON)

導電性高分子アルミ固体電解コンデンサ(OS-CON)

写真:導電性高分子アルミ固体電解コンデンサ(OS-CON)
  • "OS-CON"は、電解質に電子伝導度が高い導電性高分子を用いています。それにより低い等価直列抵抗(ESR)を持ち、ノイズ除去能力や周波数特性に優れた固体電解コンデンサです。また、電解質が固体であることにより低温下でもESRは劣化せず、長寿命です。

新着情報

回路設計に役立つ情報を配信中

PANASONIC DEVICE NEWS

特長

導電性高分子を用いて低ESRを実現
・ インピーダンスが理想的な周波数特性で、各種ノイズ除去用としてのデカップリングコンデンサに適しています。
・ リプル電流を多く流すことができ、スイッチングの平滑用コンデンサとして、小型化に適しています。
・ 高速で大きな電流を消費する回路での、バックアップコンデンサとして適しています。
鉛フリー対応
全て鉛フリーとなっており、全機種RoHS指令に対応済みです。
長寿命
105°C使用で20,000時間が期待できるシリーズもあり、長期使用の産業機器に適しています。
優れた温度特性
-55°C~105°C ( 一部125°C ) まで、ESRが安定した温度特性を保持し、低温 ( 0°C以下 ) 仕様の機器にも適しています。
3.3μF~2700μFまでの広い容量範囲を実現
各種シリーズラインアップにより、広い容量範囲をカバーしています。
高耐圧・高信頼性
35Vの最高耐圧化及び85°C・85%保証を実現した高信頼性品 ( SVPDシリーズ ) は、車載機器や産業機器に適しています。

↑ページトップへ戻る

使用用途

OS-CONは電圧範囲・静電容量範囲が広く、また高リプル電流品のラインアップから、以下の用途で使用されています。 もちろん、導電性高分子の特長(低ESR等)を生かした上での選択になります。

・使用電圧が高い場合
LEDバックライト電源の出力や産業機器、医療機器等

・静電容量を主目的として使用
サーバや基地局のDDコンの出力側

・リプル電流を主目的として使用
サーバや基地局のDDコンの入力側

OS-CON使用用途

↑ページトップへ戻る

関連記事

↑ページトップへ戻る