非球面ガラスレンズ

はじめに注意事項を必ずお読みください
拡大
非球面形状による高結合効率、トレランス及びフレキシブルな、レンズ設計。
ガラスと金属ケースの一体型成型で高品質、高信頼性を実現。
環境に配慮したRoHS指令にも対応。

新着情報

製品特徴

  • CANタイプ

    非球面レンズCANタイプ
  • バレルタイプ

    非球面レンズバレルタイプ
  • 鏡筒なし

    非球面レンズコリメートレンズタイプ ( 鏡筒なし )

checkmark非球面レンズの効果1

球面レンズでは焦点を正しく結ぶことができません。補正するには球面レンズ2枚使用します。
しかし、非球面レンズでは1枚で焦点を補正することができます。

球面レンズ・非球面レンズの焦点

checkmark非球面レンズの効果2

球面レンズでは結合効率が低く、光軸のトレランスが狭い。
非球面レンズは、トレランスが広く、LDチップとの調整が容易

ボールレンズ・非球面レンズ結合効率シミュレーション

↑ページトップへ戻る

使用例

  • 光通信ネットワークシステム

    光通信ネットワークシステム

  • 光ディスク用ピックアップレンズ

    光センサー

  • LDプロジェクター等のレーザー機器

    レーザープロジェクター

  • レーザープリンタ/複合機用コリメートレンズ

    レーザープリンター/複合機

↑ページトップへ戻る

要素技術

  • 業界トップレベルのレンズ成形用超高精度金型加工技術
  • 低収差を実現する高精度成形技術
  • 高気密性を確保された鏡筒とレンズの一体成形技術
  • トレランスに強い光学設計技術

非球面レンズ

非球面レンズ

↑ページトップへ戻る