「nanoe(ナノイー)」 デバイス

「nanoe(ナノイー)」 デバイス

写真:「nanoe(ナノイー)」 デバイス
  • 「ナノイー」発生部、ファンで構成された一体型汎用デバイス。
    電源を接続するだけなので、取り扱いが容易です。
  • 「ナノイー」は空気中の水分から生みだされる微粒子イオン。
    カビ菌*1、ニオイ、アレル物質*2などを抑制します。
  • 「ナノイー」はお肌と同じ弱酸性で、人に優しいイオンです。

「nanoe(ナノイー)」デバイス(ファン一体型)

「nanoe(ナノイー)」デバイス(ファン一体型)は、「nanoe(ナノイー)」発生ブロック、高電圧発生&システム制御ブロック、ファンで構成され、一体化されていますので、汎用性があり、電源を接続いただくだけなので、取り扱いが容易です。

「nanoe(ナノイー)」デバイス(ファン一体型)の詳細

「nanoe(ナノイー)」発生ブロックと高電圧発生&システム制御ブロックで構成された「nanoe(ナノイー)」デバイス(分離型)も用意させていただいておりますが、接続ハーネスや、電源、ファン等の構成機器については、お客様にご用意いただく必要があります。
また、ご採用いただくに当たりましては、諸々条件がございます。詳しくは営業担当までご相談下さい。

「nanoe(ナノイー)」とは

「空気の除菌※1」や「美容」に効果が期待できる「nanoe(ナノイー)」を発生させるデバイスです。

*1:1m3の密閉空間の試験※1による20分後の効果であり、実使用空間内での効果ではありません。

「nanoe(ナノイー)」を説明したイラスト

「nanoe(ナノイー)」は水に高電圧を印加し、発生する帯電微粒子水。
「付着臭の脱臭」、「花粉やダニの死がい等のアレル物質の抑制」、「菌の抑制*1」、「ウイルスの抑制*2」、「うるおい美肌空間」、「髪のまとまり」、「野菜の鮮度をキープ」等に効果が期待できます。

*1:1m3の密閉空間の試験※1による20分後の効果であり、実使用空間内での効果ではありません。

*2:1m3の密閉空間の試験※2による90分後の効果であり、実使用空間内での効果ではありません。

パナソニック独自の技術、「nanoe(ナノイー)」

「nanoe(ナノイー)」は、高反応性分(ラジカル)、電荷を有し、弱酸性を示す直径約 5~20nmの水粒子。高反応成分は、ニオイ分子の分解や、菌の表面を変性させることが知られています。「nanoe(ナノイー)」の水分量は、マイナスイオンの約1000倍以上※3。高反応性分が水に包まれているので寿命が長く、広範囲に届きます。
また、弱酸性なので肌、髪にやさしい特長があります。

「nanoe(ナノイー)」を採用いただいている業界

「nanoe(ナノイー)」は、家庭用の空気清浄機や、エアコン、洗濯乾燥機、美容機器等のパナソニックの家電製品への採用に留まらず、空質の改善を目的に、アミューズメント業界や、エレベーター業界、自動車業界など、様々な業界・製品への採用が広がっています。

パナソニック「個人向け」サイト

※1:<浮遊菌>【試験機関】(財)北里環境科学センター 【試験方法】1m3密閉容器内で直接曝露し菌数を測定。【抑制の方法】ナノイー発生装置を運転。 【対象】浮遊した菌。 【試験結果】20分で99%以上抑制。北生発20_0154_1号。<付着菌>【試験機関】(財)北里環境科学センター 【試験方法】1m3密閉容器内の布に染み込んだ菌数を測定。【抑制の方法】ナノイー発生装置を運転。 【対象】標準布に染み付いた菌。【試験結果】24時間で99%以上抑制。北生発20_0154_2号。試験はそれぞれ1種類のみの菌で実施。

※2:<浮遊ウイルス>【試験機関】(財)北里環境科学センター 【試験方法】1m3密閉容器内で直接曝露しウイルス数を測定。【抑制の方法】ナノイー発生装置を運転。【対象】浮遊したウイルス。 【試験結果】90分で99%以上抑制。北生発20_0154_1号。<付着ウイルス>【試験機関】(財)日本食品分析センター 【試験方法】45リットル密閉容器内で直接曝露しTCID(50%組織培養感染量)で測定。 【抑制の方法】ナノイー発生装置を運転。【対象】付着したウイルス。 【試験結果】4時間で99%以上抑制。第208040534-001。試験はそれぞれ1種類のみのウイルスで実施。

※3:一般的な空気イオン(代表的な粒子径:1.3nm)とナノイー(代表的な粒子径:13nm)との比較による。

アプライアンス社