NTCサーミスタ(チップ形)

はじめに注意事項を必ずお読みください
拡大
面実装タイプ(0402・0603・1005・1608サイズ)
幅広い抵抗温度係数(B定数)と抵抗値を品揃え
積層構造と独自の外電形成技術により、高い信頼性と高耐熱性を実現(125℃まで使用可)

新着情報

回路設計に役立つ情報を配信中

PANASONIC DEVICE NEWS

製品特長

業界トップレベルの次の特長を有しています

  • 特徴1

    面実装タイプ ( 0402・0603・1005・1608サイズ ) で幅広い抵抗温度係数と抵抗値を品揃え

  • 特徴1

    積層構造と独自の外電形成技術により、高い信頼性を実現

  • 特徴1

    高耐熱(150°Cまで使用可)の車載対応品をラインナップ

↑ページトップへ戻る

NTCサーミスタとは

ぐるぐるNTCサーミスタは、温度が変わると抵抗値が変化するセラミックです

○ 製品外観

ntcサーミスタとは1

○ 製品構造

ntcサーミスタとは2

○ 温度特性例

ntcサーミスタとは3

↑ページトップへ戻る

要素技術

独自の電極形成技術で高抵抗層を形成し、高信頼性を実現!

従来技術 Panasonic
従来技術 panasonic
電極の下に絶縁抵抗層がないため
リフロー実装や周囲環境・雰囲気などの
外的要因により変化しやすい
電極の下に高絶縁層で保護されています
リフロー実装や周囲環境・雰囲気などの
外的要因により変化しにくい

〔リフロー実装、信頼性試験での抵抗値変化イメージ〕

リフロー実装、信頼性試験での抵抗値変化イメージ

Panasonicのサーミスタは、高精度の温度制御が継続します

↑ページトップへ戻る

基本信頼性試験項目

お客様の特別な要求事項は追加で試験可能です

番号 項目 試験方法 性能
評価項目 標準品 高精度品 車載品
1 耐衝撃性 衝撃波形:正弦半波.11ms
衝撃加速度:50G
衝撃方向:X-X'.Y-Y'.Z-Z'の6方向.各3回
抵抗値変化率 - - ±2%以内
B定数変化率 - - ±1%以内
2 温度サイクル -40(車載品:-55)±3°C(30±3分)~常温(3分以下)
-125±3°C(30±3分)~常温(3分以下)
この操作を1サイクルとし、連続100サイクル
(車載品:連続2000サイクル)繰り返す。
抵抗値変化率 ±3%以内 ±2%以内 ±2%以内
B定数変化率 ±2%以内 ±1%以内 ±1%以内
3 耐湿性 試験温度:85°C±2°C
相対温度:85±5%
試験時間:1000+48/0時間(車載品:2000+48/0時間)
抵抗値変化率 ±3%以内 ±2%以内 ±2%以内
B定数変化率 ±2%以内 ±1%以内 ±1%以内
4 耐湿負荷 試験温度:85°C±2°C
相対温度:85±5%
印加電力:10mW
試験時間:1000+48/0時間(車載品:2000+48/0時間)
抵抗値変化率 ±3%以内 ±2%以内 ±2%以内
B定数変化率 ±2%以内 ±1%以内 ±1%以内
5 低温放置 試験温度:-40°C±3°C
試験時間:1000+48/0時間(車載品:2000+48/0時間)
抵抗値変化率 ±3%以内 ±2%以内 ±2%以内
B定数変化率 ±2%以内 ±1%以内 ±1%以内
6 高温放置1 試験温度:85°C±3°C
試験時間:1000+48/0時間
抵抗値変化率 - ±2%以内 -
B定数変化率 - ±1%以内 -
7 高温放置2 試験温度:125°C±3°C
試験時間:1000+48/0時間(車載品:2000+48/0時間)
抵抗値変化率 ±3%以内 ±2%以内 ±2%以内
B定数変化率 ±2%以内 ±1%以内 ±1%以内
8 高温放置3 試験温度:150°C±3°C
試験時間:1000+48/0時間
抵抗値変化率 - - ±3%以内
B定数変化率 - - ±2%以内

↑ページトップへ戻る

使用事例

check mark

↑ページトップへ戻る

オンライン購入

以下のアイコンをクリックするとパナソニック製NTCサーミスタを購入できるディストリビューターのページへ直接移動します。

↑ページトップへ戻る