高耐量ESD サプレッサ

「高耐量ESD サプレッサ」とは

高耐量ESD image 車載機器のESD 試験規格ISO10605 に対応したESD サプレッサ

  • 空洞内の電極間で放電させるためESD 耐量が大きく耐久性に優れている
    -ISO10605(車載機器のESD 試験規格)、気中放電25kV 対応
  • 静電容量が低い(0.1pF)
    - 高速差動信号の信号品質や高周波信号の挿入損失を劣化させません
  • 定格電圧が高い(DC 50V)
    - ノイズによる誤動作、通信エラーのリスクが小さい

概要

  • 空洞内の内部電極間で放電することでESD 電流をGND に逃がす
  • 通常の信号はそのまま通過
  • 寸 法
  • 高耐量ESDの寸法

    Dimension (mm)
    L 1.60±0.15
    W 0.80±0.15
    T 0.80±0.15
    a 0.30±0.20
  • 構造図
  • 高耐量ESDの構造図

  • ESD抑制電圧波形
  • ESD 抑制電圧波形

    ESD 試験条件︓
    ISO10605(330pF-2kΩ)
    気中放電25kV

電気性能
外観 品番 静電容量(pF)
at 1MHz
ピーク電圧(V) リーク電流(μA) 定格電圧(V) ESD耐量
高耐量ESD image EZAEG3W11AV 0.10+0.10/-0.08 1000 max.
(700 typ.)
1000 max.
(700 typ.)
DC 50 max. ISO10605
気中放電25kV

使用例

車載ネットワーク (CAN,Ethernet)

車載ネットワーク

コモンモードフィルタと併用することにより信号品質とESD 保護を両立

RF回路(車載アンテナ)

RF回路(車載アンテナ)

  • TVS ダイオードの役割︓ 被保護部品の保護
  • ESD サプレッサの役割︓TVS ダイオードの保護

高電圧でのESD 対策可能

↑Back to top