熱硬化接着剤/UV硬化接着剤 CV5000, CV7000

熱硬化接着剤/UV硬化接着剤

 

  1. 接着剤、充填封止、ダム形成など、多岐用途に対応。
  2. 低温速硬化で優れた接着性を発揮。(エポキシ樹脂)
  3. 低エネルギー照射での硬化を実現。(UV 硬化樹脂)

半導体封止材/接着剤

  • 品 番

CV5000
CV7000

  • 用 途
  • 詳細用途
モバイル
オートモーティブ
・モバイル
・オートモーティブ
カメラモジュール、イメージセンサ、パネルディスプレイなど

特長

各種材質接着
耐溶剤性
時間差硬化

使用部位と特性

位置精度と低温接着が求められるカメラモジュール、イメージセンサのプラスチックレンズや筐筒の接着用途に、高接着性、粘度安定性、
作業性、低温短時間硬化性を兼ね備えた液状樹脂です。

各種機器の接着・シールなど、用途や工程に合わせた特性に加えて、熱硬化、UV硬化、UV+熱硬化、時間差硬化など様々な硬化タイプを
ラインナップしています。
 

使用部位と特性

評価結果

評価結果

UV時間差硬化タイプの特長(XV7831)

UV時間差硬化タイプの特長
  • UV時間差硬化タイプは、用途に合わせてオープンタイムと硬化時間を制御することが可能です。
  • 貼り合わせ前にUV光を照射するため、暗部となる部分の硬化が可能です。
  • 低温・短時間での硬化が可能で、仮硬化やリードタイム短縮を実現します。
  • 形状保持が高く、高アスペクト比の塗布にも対応します。

一般特性

項目 単位                 CV5390                                 XV7831                
硬化タイプ - 熱硬化 UV時間差硬化
粘度 Pa·s 3 45
チクソ指数 - 1.0 1.1
Tg °C 80 35
熱膨張係数 ppm/K 70 75
ポットライフ@25°C 3 2
硬化条件 - 80°C/10-30分 365nm LED-UV: 500mJ/cm2
+常温放置4時間以上

※加熱により硬化時間短縮可 +50°C30分、+60°C15分

上記データは当社の実測値であり、保証値ではありません。