ラインスループット・品質の高位安定へ向けた実装ラインの自律化

In-Line Process : プラグ&プレイでNPMラインの中にプロセスヘッドを搭載可能

塗布ヘッド

  • 重要部品への接合補強用接着剤塗布
  • コーナー接着剤工法(描画機能)
  • はんだ塗布

2D検査ヘッド

  • 印刷はんだ検査(位置ずれ・にじみ・カスレ)
  • リフロー前AOI(位置ずれ・欠品・IC極性)
  • シールドケース実装前検査

 

M2M(設備間通信制御)良品生産APC system

フィードバック制御(APC-FB)

SPI 印刷位置測定結果を統計処理
印刷位置補正値(X, Y, θ)をM2M(FB)
印刷品質を高める(「正しい位置」へ印刷)

フィードフォワード制御(APC-FF)

計測したはんだ印刷位置基準による装着位置補正値(X, Y, θ)をM2M(FF)
(はんだ位置を狙って装着する)
リフロー後品質を高める

 

設備側の変動を自動で修正、不良発生を抑制

フィードバック制御(APC-MFB)
インラインキャリブレーション

AOI 装着位置測定結果を統計処理
装着位置補正値(X, Y, θ)をM2M(FB)
装着位置精度を維持・向上し、リフロー後品質を高める
(狙った位置に狙い通りに装着させる)

 

パナソニックAPC systemは他社SPI / AOIともM2Mが可能

パナソニックは他の検査機メーカーとアライアンスを結び、他社製SPI/AOIの検査情報をもとにAPC systemを良品生産へご活用いただけます

※AOIからのAPC-MFBについては、対応可能メーカーが限定されますので、パナソニックへお問い合わせください

アライアンス提携検査機メーカー

CKD CyberOptics
Shanghai Holly Electronics ジュッツ
Koh-Young MIRTEC
名古屋電機 オムロン
PARUMI PEMTRON
サキコーポレーション TRI

他の検査機メーカーについてはパナソニックにお問合せください

 

検査機情報表示(M2M機能進化)

AOIで不良判定が発生した場合、AOI画面に実装した装着機の情報が表示されます①。
さらに、装着機の修正が必要と判断した場合には、AOIからの設備間通信により、実装した装着機を警告状態にします。
装着機の操作画面上に検査結果とAOI画像を表示し、実装したノズル・フィーダーがダイレクトに特定できます②。

 

実装ラインの自律性を高める自動化・省人化機能

実装ラインには様々な設備停止要因があり、スループットや品質が変動します。パナソニックの自動化・省人化機能は「自動復旧」「リモート操作」「ナビゲーション」で実装ラインの省人化を実現し、モノづくりの変動を抑制します。

設備停止事例とオペレーターの作業

吸着エラー 吸着位置ティーチング
部品認識エラー 吸着位置ティーチング
部品認識ティーチング
基板認識エラー マーク認識ティーチング
不良ノズル発生 ノズル交換
カバーテープ切れ カバーテープ手直し
スプライシング不良 ピッチずれの手直し
部品切れ停止 部品補充
機種切り替え停止 段取り替え作業
 

パナソニックの自動化・省人化ソリューション

分類
設備が自動で対処・復旧が可能なもの 自動復旧オプション
分類
復旧には人の作業が必要なもの ナビゲーション
分類
人による作業バラツキを低減 自動化アイテム

吸着・認識エラー自動復旧

吸着エラーもしくは認識エラーを検出した際、再スタートに必要な作業(吸着位置ティーチング)を設備が自動で行うので、ラインのオペレーターは復旧作業に手をとられません。
その効果は複数の装着機で同時に設備停止するケースを減少させる為、省人化に非常に有効な機能です。

 

部品供給ナビ

効率的な部品供給順序をナビゲートする部品供給作業支援ツールです。
部品切れまでの時間・ムダの少ない移動経路を考慮し、オペレーターへの部品供給指示を行います。
これにより、部品供給待ち停止の発生を抑制するとともに、部品供給作業の効率化を実現します。

 

※オペレーターが複数ラインの部品供給を担当する場合は、PanaCIM-EEが必要となります。

自動化アイテム

オペレーターやエンジニアの経験やスキルに依存してきた作業を自動化。
人が介在することで発生するバラツキをおさえ、生産性・品質の安定化が図れます。

自動テープスプライシングユニット
ATSU

8mm幅テープ(紙/エンボス)のスプライシング作業の自動化・スキルレス化
スプライシング工数一定化
使う場所を選ばない電源コードレス(鉛蓄電池駆動)

フィーダーメンテナンスユニット
IFMU

フィーダーの性能に影響する主要部位の検査と吸着位置のキャリブレーションを自動化
不具合フィーダーの現場流出防止により、高い実装品質を維持

ヘッドメンテナンスユニット

装着ヘッドメンテナンス作業の自動化・スキルレス化
メンテナンス・検査の同時実施による実装品質維持
メンテナンス工数一定化