仕様(キャピラリーフロー工法用アンダーフィル EPAシリーズ)

EPAシリーズ 圧接工法用&CSP用アンダーフィル

  • EPA Series
  • キャピラリーフロー工法用
  • キャピラリーフロー工法用ペーストのご紹介
  • 仕様

仕様

型式 条件 EPA501D EPA521D
組成 主剤   エポキシ系 エポキシ系
溶剤   なし なし
硬化前特性 色調・外観   一液性
青色ペースト
一液性
青色ペースト
粘度 E型
5r/min 25 ℃
7 Pa・s 8 Pa・s
チキソ比 25 ℃ 1.2 1.3
保存性 -18 ℃以下 6ヶ月 6ヶ月
-18 ℃~25 ℃ 14日 14日
ゲルタイム   20 s/150 ℃ 40 s/150 ℃
比重   1.3 1.5
標準硬化条件   80℃×120min
or 120℃×10min
or 150℃× 5min
120 ℃×20 min
硬化物特性 熱膨張係数 TMA 4.0 ×10-5/℃ 3.5 ×10-5/℃
ガラス転移温度 130 ℃ 135 ℃
吸水率 85 ℃ 60 %RH
168 h
1.2 % 0.6 %
曲げ強度 JIS K-6911 80 MPa 73 MPa
曲げ弾性率 JIS K-6911 4 000 MPa 4 800 MPa