GraphiteTIM (低熱抵抗PGS)

高結晶グラファイトを用いた、高信頼性、簡単インストールを実現する、これまでに無いサーマルインターフェース材料

GraphiteTIMはパワーデバイスから発生する熱をヒートシンクに伝える
優れたサーマルインターフェース材料として、デバイスの高寿命化、作業の効率アップ
トータルコストダウンに貢献します。

※注意:この動画には音声が含まれています。

特長

  • 低熱抵抗
  • 高信頼性
  • 取り扱いが
    容易
  1. 低熱抵抗

    高い圧縮率を有するグラファイトシートで、グリース同等の低熱抵抗を実現

    ■熱伝導の異なるグリースとの熱抵抗の比較 (グリス厚み100 μm の場合)

    低熱抵抗 graph

    測定装置:TIM Tester ( ANALYSIS TECH, ASTMD5470 compliant )

    ・グリース同等の低熱抵抗を実現

  2. 高信頼性

    グリースと比較し熱抵抗の変化が小さく、高い長期信頼性の低熱抵抗を実現

    ■ポンプアウト現象による劣化

    ポンプアウト現象による劣化 image

    ポンプアウト試験 ヒートサイクル ( -40⇔100°C )
    材料 Initial 120 times 特性劣化
    ( 熱抵抗)
    グリース グリース Initial グリース 120 times after
    GraphiteTIM GraphiteTIM Initial GraphiteTIM 120 times after

    ・ポンプアウト( たれ落ち等) が無く特性変化が少ない。

  3. 取り扱いが容易

    シート製品の為、取り扱いが容易( 枚数管理、リペア、加工)

    ■ネジで止めるだけで取り付け完了

    ネジで止めるだけで取り付け完了 image

    ・GraphiteTIM 使用の場合は、塗布工程は不要。
    ・穴加工等のカスタマイズ及びリペア作業が可能。

参考:従来のPGS との比較

●熱抵抗比較

熱抵抗比較 image

●パワーモジュール

パワーモジュール image

・GraphiteTIM は非常に圧縮率が高いため、段差凹凸に追従し熱抵抗を低減し効率的に放熱します

主な用途

電子機器内のパワーモジュール等の発熱部品の冷却

  • 各種インバーター、コンバーター
  • 車載カメラ、モーター制御ユニット、車載用LED、HUD レーザー光源、医療機器
  • 基地局、サーバー

↑ページトップへ戻る